スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎昭典、繭(maju)、大城真@千駄ヶ谷loopline

東日本ツアーを8月に行う京都府・丹後在住の山崎昭典さんを招いて千駄ヶ谷looplineでイベントを行います。興味のある方はぜひご来場下さい。

2008/8/24(sun)@千駄ヶ谷loopline
open 18:30 start 19:00
charge 2000yen(ドリンク付)

出演:
大城真
繭(maju)
山崎昭典


■大城真

1978年、沖縄生まれ。
ビデオカメラ、CDプレイヤー等の電子機器から鉄板まで様々な素材もとに制作した演奏・作曲のための楽器や道具を使ったライブパフォーママンス、またそれに平行して音/物体の振動と光の干渉に焦点をあてたインスタレーション作品の制作等の活動を行っている。
現在は坂本拓也、中村修とのaudio/visualユニットanalogicでも活動中。

■繭 Maju

細海魚(ホソミサカナ)によるユニット。1997年頃よりオーストラリアのノイズ/アンビエントレーベルEXTREMEより5枚のリリースがある。他、neina名義でMille Plateauxより"formed verse","subconsciousness"の2枚のリリース。
また同名レーベルのコンピレーション"click + cuts"やplopのコンピレーション"micro blue"に参加。Ekkehard EhlersのRemixなども手がける。またhosomi名義ではCommune Discから"open silence"をリリースしている。
キーボード、アレンジ、トラックメイキング、作曲、リミックスなどで、新居昭乃、minakumari、mi-gu、sawako、aen、恩田晃、ツジコノリコなどその他アーティストとのコラボレーション多数。

■山崎昭典

京丹後市丹後町在住。
2001-2003年にかけて鈴木昭男氏のアシスタントとして、ベルリン、ロンドンでの公開制作やCD制作に携わる。2005年にギター・ソロによるアンビエント作品CD『RED FIELD』をインディーズ・レーベルHORENより発表。イギリスの評論家/音楽家、デヴィット・トゥープ氏がライナー文を寄稿し、英国音楽誌WIREにも掲載され注目される。これまでにロンドン、ソウルでの海外公演及び日本各地で演奏活動を行っている。


loopline
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6第3越智会計ビルB1
Tel&Fax:03-5411-1312
E-mail:info@loopline.jp
URL:http://www.loop-line.jp

27日には高円寺の円盤でもライブがありますのでそちらもおこしいただければ幸いです。

2008/8/27@高円寺 円盤
open 19:00  start 19:15
at円盤(高円寺)
入場料:1,000円(ドリンク付き)

出演:
山崎昭典
ユタカワサキ
畠山地平

■ユタカワサキ
アナログ・シンセサイザー / コンピュータ / テーブルトップ・ギター。1976年東京生まれ。
94年ごろパリペキン・レコードに通っていたのをきっかけに音楽制作を開始。
94~5年に膨大なテープ作品をリリース。ソロ活動に加え、吉田アミとのデュオ "Astro Twin" をはじめ国内外のミュージシャンとの共演多数。

■畠山地平

1978年生まれミニマルドローンな音楽を基調にラップトップとエレキギターによるライブを展開。生楽器の音を何重にも加工し、楽曲の素材として使用する。2006年米国シカゴのStars Of The Lidkranky等のリリースで知られるkrankyよりファーストアルバム『minimamoralia』を発表。その後、Bellingham Electronic Arts Festivalに
招待され、Prefuse 73, Barry Truax, Greg Davis, Sebastien Roux等と共演。2007年には伊達伯欣とのユニット『opitope』のファーストアルバム『hau』をspekkよりリリース。

円盤
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南3-59-11 五麟館ビル201
Tel/Fax : 03-5306-2937
Mail : info@enban.org
URL:http://www.enban.org/

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
簡単!お気に入り登録

最新の記事
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。