スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/6/14(土) RADIX @ 愛知

テクノちゃんねるがお届けする今回のイベント情報


6/14で12回目を迎えるRe:plicanteにスペインからALEX UNDER&TADEOが来襲!ついにALEX UNDERのLIVE SETが名古屋初公演される…
彼はこれまでにTRAPEZをはじめ、CMYK MUSIK,APENA等から数多くのトラックをリリースしている。
抜群のパフォーマンスを見せるその凄まじいまでに繊細なライブセットは世界中のクラウドを常に虜にして来た。
盟友”TADEO”も駆けつけスパニッシュテクノ最高峰アーティストが一同に集結するという豪華なラインナップでお届けします。
ポータラルカより”GYRO” ADMITより”YOSUKE” Re:レジデントyouheiの3者も揃う一夜を決して見逃してはいけない!!!


Re:plicante:12

6.14(SAT) 22:00 OPEN

ADV:3,000yen W/Flyer:3,000yen ADM:3,500yen


Special Guest Live:
ALEX UNDER(CMYK Musik/Apnea/Plus 8/Trapez/SPA)

Special Guest DJ:
TADEO(Cyclical Tracks/CMYK Musik/Apnea/SPA)

DJs:

GYRO(POTARARUKA)

YOSUKE(ADMIT)

youhei(Re:plicante)

SOUND ENGINEER:
Y.U.A

LIGHTING:
ARTIKAL

FOOD:
RINNE


※入場時に別途1ドリンク代¥600が必要です

L-CODE:47298

TICKET INFO:
ローソンチケット(0570-000-777[オペレーター対応:10:00~20:00]、http://l-tike.com/)

TICKET SALES SHOP:

RADIX(052-332-0073) /
a*sian(052-264-3578) /
GANION MADE(052-241-9400)

RADIX
http://www.radix.to/index-pc_.html


Alex Under (Cmyk Musik / Apnea / Plus 8 / Trapez)

スパニッシュテクノにおいて彼の存在は絶大であろう。彼はCmyk Musikを主宰し、TRAPEZからリリースされた初のフルアルバム「Dispositivos De Mi Granja」は2005年クリック系アルバムNo.1と評され、Richie HawtinのレーベルPlus8から「Collage」リリース、若手実力派アーティストのひとりとして世界から注目された。また彼のライヴパフォーマンスには定評があり、細やかに展開するリズムにさえずるように穏やかな音色を配した非凡なミニマルトラックはなによりも豊かなグルーヴに溢れ、タイトで無駄のない硬質なリズムパターンに対して、ジャジーでメロディアスなフレーズや深いメンタリティを感じさせるシンセの反復が見事に調和し唯一無二の音楽性を表してきた。かねてから彼の才能を高く評価してきたThomas Brinkmannとのコラボレーションは2006年にCmyk Musikからリリースされた"Naranja Monje"にて実現、際立った才能を持つ2人のトラックメイカーの持ち味が溶け合った実に刺激的な作品となった。昨年話題となったFriendly People名義ではよりシンプルな構成と細かな変化のみで楽曲を構成するアブストラクトなスタイルの作品を展開し、自身の音楽表現の領域を意欲的に押し広げている。Cmyk Musik、Apnea、Mupa、Cyclical Tracks等のレーベルを統括するNET28の設立・運営、コンピレーションアルバム”1”リリース等成熟味を増した活動には期待が高まる。



Tadeo (Cyclical Tracks / Cmyk Musik / Apnea)

本名Miguel Sar。絶妙な音数の増減で展開していくシンプルな構成の中にインダストリアルな空気感を漂わせる、ストレートなテクノを表現するDJ/トラックメイカー。スペイン/マドリッド出身の彼はUKを代表するNo Futureの総帥Cristian Vogel、Neil Landstrumm等の初期Toresorのトラック群、またJeff Mills等が生んだデトロイトテクノに影響を受け、ダンスミュージックの中にあるテクノへの探究とそこに秘めた可能性を感じ、様々なアートを集結させたコンセプチュアルなレーベルCyclical Tracksを設立、2004年に1st EP"Circunbalation"をリリース。それは彼がダブやジャマイカンサウンドもこよなく愛しその試みが垣間見ることができる作品である。その後Cmyk MusikよりAlex Under"Balidos Ovalados"のリミックスやダブのレジェンド、Tikimanをフィーチャーした"Dub Infection"、2005年スマッシュヒットした"Lup!"は彼のバックグラウンドであるダブやデトロイトテクノの影響を色濃く表している。今年に入り、Cmyk Musik、Apnea、Mupa、Cyclical Tracks などといったミニマル/クリック・シーンの重要レーベルを統括するNet28より、2008年3月にコンピレーションアルバム”1”をリリース、さらに昨年ApneaからリリースされたCosmosはCASSY/SUBSTANCEリミックスが4月にリリース展開するなど、これまで以上に大きな期待を寄せるArtistのひとりである。


テクノちゃんねる クラブ・レイブ イベント情報

テクノちゃんねる イベント告知掲示板

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
簡単!お気に入り登録

最新の記事
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。