スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノイベント NOVEN presents blue source 03@ @club axxcis

テクノイベント NOVEN presents blue source 03@ @club axxcis


NOVEN presents blue source 03
10/16 fri. open 22:00 @club axxcis / with flyer ¥3000 /door ¥4000

【Guest Live】SOMEONE ELSE (foundsound records, philadelphia US)
【Guest DJ】benjamin fehr (catenaccio records)

【Resident DJ】KIYOSHI INOUE (NOVEN)

【DJ】suganuma (freebase)

Someone Else
アメリカ、フィラデルフィアを拠点にDJ/プロデューサー/ライブアクトとして活躍するSomeone Else、ことSean O’Neal。流れるようなグルーヴと、繊細でありながらもユーモラスなそのサウンドのルーツは、音楽一家で生まれ育ち、祖父、父親と共に過ごした幼少期にあるという。高校で音楽の教師を務め、かつてはベーシストとしてBill Hailey、Cometsと活動していた祖父。ロックバンドで5、60年代に活躍した父親のもと、Seanはコーラスやミュージカルに参加し、充実した幼少期を過ごす。そして、当時祖父、父親と共に見聞きした、部屋中の様々な物体を叩きながら音楽を作りあげるSpike Jonesの作品が、自身の作品に大きな影響を及ぼしているという。
プロデューサーとしてのデビュー当初はDarla、Morr Music、Endorphinといったレーベルからelectro popをリリースしていたSeanだが、90年代終盤にOrb、Plastikman、King Tubby、Matthew Herbertといったアーティストの影響を受け、次第にtechno/houseに傾倒していく。特に、かつて祖父、父親と見聞きしたSike Jonesを彷彿とさせるHerbertの自然音と電子音を組み合わせたスタイルに魅了されたSeanは次第に独自のminimal technoを追究して行く。
98年にJay Haze、Bjoem Hartmannと共にレーベルTuning Sporkを立ち上げ、フィールドレコーディングを基調としたダンスミュージックを創るようになり、やがてMiskate(Kate Iwanowicz)とSylvain Takerkartと共に立ち上げたレーベルFoundsound/Unfoundsoundは今日、そのモダンなミニマルサウンドで世界中のマニアを魅了している。
自身のレーベルは勿論、Mo’s FerryやKixkboxer、Sender、Alphahouse、Mule Musiqなど数々のレーベルから数々のリリースを重ねていることからも、Seanのプロダクションスキルの評価の高さが伺われる。また、06年にはGroove Magazineの年間ベストアクトの1人として選ばれるなど、ライブでの評価も高く、これまでにFabric(ロンドン)、Rex Club(パリ)、Panorama Bar(ベルリン)、Yellowなど、世界各地の有名クラブで強力なライブセットを披露してきている。
楽曲制作以外の経験も豊富でありフィラデルフィアやニューヨークでMagda、Matthew Dear、Sammy Dee、Geoff White、Jeff Milligan、Daniel Bell、Dinkyらとパーティをプロデュースする一方で、XLR8Rなど、各種音楽雑誌で記事を掲載するなど、音楽ジャーナリストとしての活動も行っており、表舞台、裏方を問わず、シーンの牽引役を担っている。

Benjamin Fehr
93年よりドイツ、フランクフルトでDJとしてのキャリアをスタートし、現在はベルリンを拠点に、DJとして活躍するBenjamin Fehr。04年に設立したレーベルCatenaccioのオーナーとして、自身のトラックは勿論のこと、Ricardo Villalobos、Jay Haze、Bruno Pronsato、Butaneといった実力派プロデューサーの作品を発表し、その精力的な活動により実力派アーティストとしてのポジションを確立してきた。ラジオ番組でのプレイを皮切りに、複数の番組でレギュラーDJとして活躍するようになったBenjamin Fehrは、フランクフルトを中心に各地でゲリラ的なイベントを開催し、アンダーグラウンドシーンを活性化してきた。また、02年には自らクラブの運営を手掛け、Ricardo VillalobosやZip、Roman Flügel、Akufen、Lawrence、Lucianoといったアーティストを招き、信頼関係を築くこととなる。やがてRadio Xにて自身のレギュラープログラムCatenaccioをスタートさせると共に、同名のレーベルを設立することとなる。「暗黒のグルーヴ」をコンセプトとした、ディープでダークなトラックの数々は、その強烈なジャケットのアートワークと共に多くのアーティストから支持され、これまでにMagda、Richie Hawtin、Dinky、Luciano、Zip、Jeremy Caulfield、ChloeといったDJのチャートを賑わせている。PanoramabarやOstklub、Robert Johnsonといった名門クラブでのプレイを経験し、国内外を問わず活動してきたBenjamin Fehrだが、近年ではプロデューサーとしての活躍も精力的に行っており、“My Favorite Shop is Me EP”や、“Better Thrill EP”といったヒット作を産み出している。また、Falko Brocksieperとの共同プロジェクトThe Result名義での作品も多く、“Niagara EP”をヒットさせている。今後も、Brouqade RecordsやKlang Elektronikを始め、様々なレーベルからのリリースを控えており、その活動から目が離せない。

club axxcis www.axxcis.net
東京都渋谷区渋谷3-26-25湯沢ビル 03-5485-4011


about blue source
KIYOSHI INOUEが国内外から先駆的な新鋭アーティストとクラブシーンで活躍してきた実力派アーティストを融合し、東京のクラブシーンに新たなムーブメントを起こしていく。

新しい場所で最高な出音と極力削ぎ落としたイメージのフロア作りを実現、パーティーに来る人たちとアーティストが同じ目線で現場を楽しんでいる。 www.myspace.com/bluesource


テクノイベント NOVEN presents blue source 03@ @club axxcisでした。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
簡単!お気に入り登録

最新の記事
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。